付加価値をつけて高く売ろう!!

特別なスキルがない方でも、あるものを付けてあげるだけで、同じ商品でも、他の出品者から抜きんでる事が出来る方法があります。


それが「付加価値」です。


単体の商品でも、付加価値を付けてあげることにより、平均落札額よりも高い値段で落札してもらう事が出来るでしょう。ここでは、実際に高く売れる商品の事例やテクニックなどをご紹介しています。是非ご一読を!!

「自分では面倒」を実現してあげる

パソコンなどの、標準ではちょっと物足りないといったものでも、ソフトやアプリなどを最初から付けてあげる事によって、他の類似商品よりも注目される事が出来ます。

代表的なものだと、Apple製のMacbookairやMacbookproなどの商品が、常に人気上位を占めています。しかし、Macのパソコンでは、Windowsのアプリやソフトが使えないために、買うのをためらっている方も少なくありません。

Macは、公式でWindowsのOSをインストールする機能があるのですが、自分でやろうとすると、結構面倒なことでもあり、ソフトなどのお金もかかります。

新品のMacパソコンに、最初からこのOSを入れて出品することで、大体通常落札価格の、3万円~5万円くらい上乗せして、落札される事が多いです。

他にも、Microsoft製のofficeなどのソフトを予め入れて出品すれば、値段が上がる傾向にあるようです。

解説書や説明書を作る

中古の物で、説明書がない商品や使い方が難しい商品などを出品する場合には、簡単で分かりやすい説明書や解説書を作って商品に付属して売ることで、落札される確率と価格が上がる場合があります。

例えば、ブランド品を出品する場合に、お手入れの方法やお手入れグッズの解説書を作成して一緒に売ると、5万円も上乗せして落札された事例もあるほどです。

送料無料やおまけも効果的

値段が高い商品や大きな商品になればなるほど、送料は落札者にとってかなりの出費になってしまいます。個人出品者のほとんどが、送料は落札者持ちのため、「即決価格での落札に限り送料無料」「1万円以上の落札の場合送料無料」などのサービスを付けることで、落札率がアップします。


さらに、あると便利なオプションアイテムなどを付けてあげても、良いでしょう。

おまけやサービスは、お金をかけなくても出来る事がほとんどなので、ちょっとした工夫で、オークションが楽しくもなり、より儲ける事が可能です。