≪通販でサプリメントを安く仕入れて販売する≫

体の健康状態を整えたり、特定の症状の予防効果があったり、美容効果があったりするサプリメント。その市場は非常に広大で、様々な症状に対応する多数のサプリメントが販売されています。
ネットオークションで薬を販売する行為は薬事法によって禁止されていますが、サプリメントは「薬品」ではなく「食品」として扱われるため法律の対象外となっています。
ネット通販などをうまく利用すれば格安で入手できるサプリメントを販売してみるのも一つの手ではないでしょうか。

≪ネット通販のサプリメントを売る≫

サプリメントのネット通販はほとんどの場合「初回のみお試しセットで格安価格」「定期購入コースの申し込みや、複数のまとめ買いで値引き」などのサービスを行っています。これらを利用してサプリメントを安く仕入れ、そして儲けの出せる価格で販売するとよいでしょう。
この方法を取る時にはサプリメントのネット通販そのものがライバルとなるわけですが、ネット通販よりもネットオークションの方が買いやすくなる心理が存在します。それは「ネット通販は怖い」というものです。
ネット通販には、日常的に名前を見かける大御所から、どこの馬の骨かわからないようなところまで多数の企業が参入しています。すると、通販がどんなにオトクであっても、客としては個人情報を渡すのが怖い、という心理がはたらくのです。
事実、ネット通販を利用してからメールアドレスに迷惑メールが多数届くようになった、定期コースの解約は電話で簡単にできると書いてあったのに、オペレーターがしつこく粘るせいで解約できなかった、などの被害も報告されています。
この、ネット通販を恐がる心理を利用しましょう。ネットオークションにて個人情報をあまり渡さず、なおかつ定期コースのようなコースへの申し込みの必要がない形でサプリメントを販売するのです。あなたがこれまでの取引でしっかりとした評価を得ていれば、信用されやすいでしょう。

≪サプリ販売の注意点≫

前述の通り、サプリメントはあくまでも医薬品ではなく食品です。
そのため、医薬品のような「◯◯に効く」「◯◯が治る」といった謳い文句を商品紹介に載せてはいけません。こういった文言を載せていいのは認可を受けた医薬品だけです。
さらに海外から輸入されているサプリメントは、時おり医薬品の成分を含んでいることがあります。海外では食品として扱える成分でも、日本では医薬品となってしまうことがあります。輸入品は取り扱わないほうが無難でしょう。
また、サプリメントは食品なので、「食品衛生法」や住んでいる都道府県ごとの食品取り扱いの規定を守る義務も生じます。

≪精力増大サプリメントには気をつけよう≫

精力剤のような効果や、男性器を強化する効果を謳っているサプリメントには注意が必要です。こういったジャンルの商品にはやや胡散臭い商品が多いだけでなく、ものによってはバイアグラやシアリスなどの成分も無許可で混ぜているものがあります。
そういったものを間違えて取り扱ってしまえば、薬事法に違反することとなります。
また、精力に関しての悩みの一部は、サプリメントで対処するにはやや深刻にすぎます。肌の悩みも深刻になりすぎれば皮膚科に通うように、男性器の悩みもEDなどの深刻なものなら泌尿器科などで診療を受けるべきなのです。そこでバイアグラやシアリスを処方してもらうほうが本当の解決につながるでしょう。
サプリメントで誘惑し、解決するためのキッカケを奪ってはいけません。