≪出品をする前に買ってみよう≫

オークションで稼ぐためには、商売をするために必要なスキルを身につけなければいけません。儲かる商品や利益の事ばかり考えていては、稼ぐことは難しいものです。

≪1人で稼げる限界は…≫

在庫を持たない情報ビジネスやアフィリエイトとは違い、物販でのビジネスの場合1人ですべての事をこなそうとすると、どうしても限界があります。
無在庫販売という、注文を受けてから仕入れる方法もありますが、オークションでは禁止されているのが現状です。外注を使わず仕入れから発送まで1人でやると大体月収200万から300万くらいが限界だと言われています。
販売する商品によってはもっと稼げるかもしれませんが、仕入れから販売まで個人で行なうとなると、時間的な限界が来てしまいます。もっと収入を増やしたいのであれば、アルバイトを雇ったり、外注を使ったりするべきです。

≪売り手の考えでは商売は出来ない≫

では、最初に何をすればいいのか??稼ぐために必要な第1歩は…『買い手の気持ちを知る』事です。これを分からずに、いきなり出品者として始めようとしても、必ずどこかで壁にぶち当たり、挫折してしまう可能性があります。 買い手の気持ちを知ることが重要なのは理解できたとして、では、実際にどうやって知ればいいのでしょうか??

自分で購入してみる≫

100円くらいの物でも構いません。自分が出品者として始めるオークションで、他の出品者から商品を購入してみましょう。入札の方法、落札後の取引連絡、配送方法、実際に商品が到着したら梱包はどんな風にされているかなど、一連の流れを体験します。
ただし、何も考えずに体験するのではなく、ここで重要なのが、「購入者である自分が、全体的に満足できる買い物だったか」という事を考えながらやることです。

・問い合わせや取引連絡は迅速、丁寧だったか
・お金を振り込んだ後、どのくらいで発送してくれたか
・梱包はキレイだったか


などを分析することで、自分が出品者として販売していく際に、どんな点に注意すればいいのかが分かるようになります。

さらに、一連の流れを体験することにより、疑問点を解決する事も出来ます。売り手では気づかない事も、買い手になってみれば分かる事も意外とたくさんあるでしょう。
例えば、梱包の方法などは、ネットで検索して写真を見ても、実物がないと分からない部分もあるので、他の出品者がどのような梱包をしているのか見れば参考になります。

完璧を目指すのではなく、近づける≫

世の中の商売をしている会社や個人の方にとって、完璧な商売は無いと言えるでしょう。どれだけ売り手側の立場で完璧なサービスをしたとしても、お客様に満足してもらえなければ完璧な商売とは言えません。

完璧を目指すために、買い手に近づく事で、分かる事もあるのではないでしょうか?これからオークションを始める方は、この知識を頭に入れておいて、損はないと思います。参考にしてみてはいかがでしょう。