本せどりで稼ぐためのポイントとは

せどりのスタイルは人それぞれ。 扱いやすい商品というのも違うので、新品が良いとも中古が良いとも言えませんが、初心者の方はまずはそれぞれのメリット・デメリットを押さえておく必要があります。

一般的には中古品の方が利益率が高いと言いますが、高い金額で売るためには商品の状態も大きく関係してきますし、プレミアがつくかどうかを見分ける目もなくてはいけません。 だからといって、新品だと原価が高かったり、セール品でも需要があるかどうかが分からなければ仕入れ損になったりしてしまうことも…

まずは特徴をきちんと知って、自分が始めやすい方を見極めることが重要になります。

新品せどりとは

CDやDVD、フィギュア、ゲームソフトなどを家電量販店やホビーショップなどで仕入れて、Amazonなどで新品として出品し、販売する方法です。 普通のせどりとの違いは、単純に言ってしまうと新品かどうかということだけです。

ただ「安く仕入れて高く売る」ということには変わりないのですが、やはり仕入れ値が高いので粗利はあまり取ることが出来ません。 その代わり、商品の状態を詳細に確認する必要もないので、儲けを度外視してまずは始めてみたい、という方は手を出しやすいでしょう。

新品せどりのメリットデメリット

一番のメリットと言えば、仕入れの単価が高いのでライバルが少ないというところです。どんな業界でも競争相手が多ければその分顧客が減ってしまいますし、値崩れを起こしてしまうことも。 その点、新品ならニッチとも言える分野になるので、大きな利幅はないにしても収支トントンぐらいの収入が見込めます。

また、新しい商品なだけに一番やっかいなクレームなどのトラブルが少ないのも魅力です。

ただし、ものによってはまったく売れないというデメリットがあるのも事実です。 中古なら需要も販売価格も簡単に調べられますが、新しいものはわかりません。 例えば、初回限定版のCDでもプレミアがつくかどうかは分からないですし、価値が出たと分かってからでは利益を得られる価格で購入するのは難しくなってしまいます。

ある程度はきちんとした予想を立てられないと、損をするリスクがあるのがデメリットと言えるでしょう。

中古せどりとは

名前から分かるように、本やゲームソフトなどの中古品を仕入れてオンラインショッピングサイトで販売し、差額から利益を得るという方法です。

ブックオフはもちろん、リサイクルショップで古いものはいくらでも手に入ります。中にはワゴンセールでなんでも100円になっていた商品が、1000円ぐらいに化けることもあるのが中古せどりの魅力です。 もちろんそれなりの知識は必要ですが、手持ちが少なくても始められるので、地道に続けられる方にはオススメです。

中古せどりのメリットデメリット

なんといっても、利益率が高いというのが一番のメリットでしょう。 安い価格で販売されていることが多いのに、AMAZONなどでは定価よりも高い金額になっているケースがあります。これを利用すれば、元手は少なくても粗利が大きいので、効率よく収入をアップさせていくことができます。

ただし、ライバルが多いので商品の回転率が遅く、ものによっては収入につながるまでに時間がかかることがあります。 また商品のメンテナンスもしっかりしなくてはいけないので、出品までの作業が面倒というのもデメリットでしょう。

このように、仕入れる商品によってメリットデメリットがあるので、一口にせどりを始めると言ってもどちらを選べばいいか余計に難しく感じるかもしれません。ただ、どちらにしても大口でなければ大きな損をすることはないので、自分にとって始めやすい方を選んでみて、スタートしてみることが在宅で稼ぐための第一歩につながります。