売れない商品を売れる商品に変えるには??

仮面ライダーや○○レンジャーも、変身しなければ強くならないのと同様に、オークションでも、「売れる商品に大変身させる工夫」をしないと、売れる商品でも全く売れなくなってしまいます。

様々な売り方がありますが、ここでは、筆者が実際に行っている変身術をご紹介しましょう。

写真で魅せる

商品画像は、興味を持ってクリックしてもらえるかどうかを左右する、最も重要なポイントです。写真写りが、いかにも自宅で撮った様なものだったり、品物の状態が判断出来なかったりする画像だったりすると、購買意欲を失います。

背景には、他のものが映り込まないように、白い布などを使用して撮影しましょう。また、中古品でキズやへこみなど目立つ部分があるのであれば、詳細がはっきり分かる様に撮影します。

ヤフオクであれば、初期状態で3枚まで貼付ける事が出来ます。無料の画像加工ソフトなどで、簡単に複数の写真を1枚にすることも出来るので、商品を魅せる工夫を心がけてみると良いでしょう。

長ければ長い方が良い

落札者が落札する上で、もっとも重要になるのが、「商品説明」です。写真では判断出来ない場所や商品のスペックなどの詳細など、誰が見ても分かるような説明文にすると良いでしょう。

あまりにも短い文章だと、落札する気にならない場合もあります。詳細は長ければ長い方が、落札率はあがるでしょう。ただし、余計な事まで明記してしまうと読みづらくなるので、簡潔に済ませる事が大切です。

評価を稼ぐ

特に新規の出品者の場合は、ひと月に出品できる数も決まっているので、最初は落札者から高い評価を得ることに専念しましょう。また、落札する時も大体の方が出品者の評価を重要視します。

良い評価を沢山もらって、実績を積み重ねていく事で、売れにくい商品でも売れてしまう事もあります。一朝一夕で出来る事ではありませんが、悪い評価をもらわないように心がけましょう。

商品に「魅力」をたくさん付け加えていく事で、落札率が何倍にも上がっていきます。いろんな工夫をして稼いでいきましょう。