ポイントを抑えた商品説明文で信用を獲得

ネットオークションに商品を出品する際、必ず書くのが商品説明文です。
読んで字のごとく商品について説明する文章となるのですが、ただ漫然と説明をすればよいというものではありません。この文章は写真や名前などに惹かれて商品をチェックしにきた客が注目する大変重要な部分です。ここに必要な情報を載せているかどうかで客からの信用度が変わってきます。
出品側が信用できない客の落札をお断りしたくなるのと同じように、客も信用できない出品者の商品を落札しようとは考えません。しっかりと要点を押さえた商品説明文で客の信用を勝ち取りましょう。

基本中の基本、商品の状態について

基本中の基本として、商品の状態はなるべく細かく記載しましょう。 傷などの不具合があっても隠さずに記載し、可能なら傷を写真に取って載せておきます。これで「不都合な情報も隠さない、信用できる出品者」という信頼を勝ち取ることができます。そもそも傷について記載しないまま出品して、落札後に落札者が傷に気づいた場合、ほぼ確実にトラブルへと発展します。あらかじめ予測できるトラブルは避けるべきです。
もしも分かるなら、商品がいつ発売のもので、中古品なら開封からどれぐらいの年数が経過しているかも書いておくとよいでしょう。実際に使用された期間や頻度も分かれば言うことはありません。
また、CDやDVDの限定版など、商品そのもの以外に付属品がある商品は、それについても細かく記述しておくべきです。付属品を目当てに購入する方も少なくはありません。箇条書きなどでリストアップしておくと確認しやすくて喜ばれるでしょう。

発送についての詳細も忘れずに

発送に関する情報は出品管理画面などに記載することができますが、商品説明文にも書いておきましょう。商品データをあまりチェックせず、商品説明文だけに目を通す人も少なくありません。
発送業者はどこを使うか、発送方法にはどんなサービスを使うかを明記しておくべきです。発送業者にもそれぞれの評判があるため、意外と気にする客は多いもの。また、発送方法によっては運送中の商品破損を保証してくれないケースもあります。ここも客としては気にするポイントとなるでしょう。
また、入金が確認できた後、どのタイミングで発送するかも書いておきましょう。できれば入金確認後即日発送できる状態が望ましいので、何時までの入金なら即日発送に対応できるかを記載しておきましょう。
加えて、土日祝日の発送ができるかどうかも重要です。特に即決価格で落札する客はすぐにでもその商品を欲しがっていることが多いため、無理のない範囲で土日祝日の発送に対応するとよいでしょう。

最も重要な支払い方法

支払いの方法もあらためて説明文に明記します。
利用可能な金融機関や支払い方法、手数料などの扱いについてしっかりと明記し、可能なら入金をすぐ把握できる時間帯も記載しておくとよいでしょう。ここの記述に不明瞭な部分や実態と食い違う部分があるとクレームやトラブルの種になります。金銭にまつわるトラブルは深刻な問題に発展することもありますし、また出品者としての評判に傷がつくと挽回が難しいケースも存在します。
説明文の中でも一番慎重に扱わなければならない情報と言えます。