≪まずは海外のオークションサイトを見てみよう!≫

オークションで物を売り買いすることは、昔は一部のお金持ちがすることでした。芸術作品、不動産など、一般的な人が出入りする世界ではなかったと言えます。しかしインターネットの普及により、お店で買えるものが安くオークションで手に入る時代になりました。

またオークションを利用してお金を稼ぐ人も多く、在宅ビジネスとして人気を集めています。しかしオークションで稼ぐ方法はベールに包まれており、素人が参入しても効率的に稼ぐのは難しいでしょう。そこで、外国人を相手に物を売ってはいかがでしょうか?

≪英語力は必要!≫

当然、英語力は必須です。しかし英字新聞をスラスラ読めるほどのレベルは必要ありません。簡単な英語を理解していれば、何とかなると考えてください。ザックリとした目安ですが、高校までの英語を理解している人であれば、ガツガツ勉強しなくても出来るようになると思います。

またオークションには、商品紹介などの「ひな形」が存在しており、それに沿って文章を書くことも多くあります。これは英語の世界でも同じで、アメリカやイギリスのオークションサイトでもよく見かけます。

つまり、実際に取引を始める前に海外のオークションサイトをたくさん見ておきましょう。とくに、すでに売りたい商品のジャンルが決まっている場合は、そのジャンルの商品ページを多く見た方が良いでしょう。どのような表現があるのか?どのような売り文句があるのか?これらを参考にして、自分が売りたい商品のページに活用しましょう。

≪どのオークションサイトにするか?≫

商品ページを見ると言っても、「海外のオークションサイトを知らない」という方も多いでしょう。そこでオススメしたいのが「eBay(イーベイ)」です。世界最大のオークションサイトであり、数十か国で事業展開をしています。つまりここに出品すれば、世界中から注文が来るというわけです。

じつは、eBayは日本にも進出した過去があります。日本は巨大なマーケットなので、日本を抑えればeBayにとって大きなビジネスチャンスでした。ところが皆さんもご存知の通り、日本では「ヤフーオークション」が主流となっています。そのためにシェア拡大が出来なくなり、2002年に撤退することを余儀なくされました。

しかし、撤退したからこそチャンスだと言えます。なぜなら、「日本からの撤退=世界市場と日本が切り離された」であり、日本の商品をeBayで大々的に販売できなくなったためです。したがって日本のオークション利用者がeBayに登録して、そこで人気商品を販売して大きく稼いでいると言えます。

そしてこの方法は、まだ飽和状態ではありません。つまり今から参入しても、大きく稼げるチャンスは十分にあるということです。

一定の英語力とバイタリティは必要ですが、稼げるチャンスがあるなら参入してはいかがでしょうか?

いかがでしょうか?海外のオークションで稼ぐと言うのは、誰でも真似できることではありません。なにせ英語力が必要ですし、先方との英語のメールのやり取りもあります。しかし、だからこそ「ライバルが少ない=チャンス」であるため、このチャンスを掴まない手はないでしょう!