≪書店の雑誌コーナーはお宝情報満載≫

書店の雑誌コーナーを見ると、今どんな商品の需要が高いのかが一目瞭然です。雑誌は、まさしく今求められている物を反映するバロメーター。売れる商品が見つからないと悩んでいるのなら、ぜひとも書店の雑誌コーナーに出掛けてみてください。いろいろな分野で、今どんな物が流行っているのかとか、求められているのかがわかりますよ。

≪書店の雑誌コーナーはヒントの山積み≫

書店の雑誌コーナーは、まさしく売れる商品のヒントの山積み状態です。なぜならば、雑誌はまさしく旬の情報を扱っているのであって、多くの人の共感を得ないと商売が成り立たない性質を持つからですね。

特に、雑誌の拍子に注目してください。雑誌の表紙を見比べてみると、多くの物で共通した話題が取り上げられていることがわかるでしょう。まさしく、多くの雑誌で取り上げられている内容こそがお宝情報なのです。

多くの雑誌で取り上げられていることが、そのまま今トレンドなのですから、オークションに出品するにしても売れる可能性が高い商品を知る手がかりになるでしょう。たとえば、アウトドアが特集されていれば、ガスコンロや簡易テント、非常食関連などですね。このように多くの雑誌の共通テーマを分析することで、どんな商品が売れやすいかを判断することができますよ。

≪自分の得意分野を中心にチェックしよう≫

雑誌コーナーをチェックするときは、自分の得意分野を中心にチェックすると効率が良いでしょう。雑誌にもさまざまな分野がありますし、すべてを網羅しようとしても無理なお話です。それに、さまざまな分野のトレンドが一致することもありません。 まずは、自分の得意分野の雑誌に集中してみることが有意義なのです。自分の得意分野ならば、トレンドになっている話題からどんな商品に需要がありそうか、などを想像するにたやすいはずです。反対に、あまり自分が詳しくない分野だとどんな商品に需要がありそうか、という段階で時間を取られてしまうことが予測されます。

雑誌も毎週、毎月新しい物が発行されていくわけで、流れに付いていくという考え方からしても得意分野を中心に攻めた方が、効率的なのです。初心者のうちは、失敗を避けるためにも自分が詳しい得意分野の雑誌を情報源にして、分析してくださいね。

≪得意分野以外にも意外なヒントがある!≫

でも、得意分野だけをチェックするのも考え物です。たとえ、分析しなくても他分野の表紙もできるだけ目を通してください。その理由は、直接関係なくても表現のボキャブラリーが増えたり、予想外のヒントを得るきっかけになったりするからです。

もちろん、できるだけ参考にする、でかまいません。しかし、世の中の流れをなんとなくでも掴んでおくためには、得意分野以外の雑誌も参考になることはたしかです。今は得意分野でなくても、将来的に得意分野に変わるかもしれませんし、興味が出てくることもあるでしょう。

要は、毛嫌いをしないことが大切なのです。書店の雑誌コーナーには、ありとあらゆる分野の最新トレンドを知るきっかけがたくさんあります。毛嫌いをせず、こういうトレンドもあるのか、と参考にすることで、オークションでの売れる商品を見抜くアンテナが磨かれることでしょう。

≪まとめ≫

オークションで売れる商品が見つからないと悩んでいるのなら、書店の雑誌コーナーに出掛けてみましょう。雑誌の表紙をチェックしていると、今どんな話題が流行っていて、どのような物の需要が高いかのヒントがたくさんあります。得意分野を中心に見ていき、できるだけその他の分野も参考にすると世の中の流れを掴むセンスも磨くことができるでしょう。