≪売ったら捕まる!薬だけは絶対にNG≫

非常に多様なものが売買されているネットオークション。しかし、人道的にも法律的にも絶対に販売してはいけないものも存在します。
そのうちの一つが薬です。販売許可や取り扱い許可を持たない人物による薬の販売は法律で禁止されており、2009年に薬事法が改正されて以来、その取締は非常に厳しいものとなっています。
インターネットオークションに色々とグレーなものが出品されているのは残念ながら事実です。しかし、薬はグレーどころか完全な黒です。安全な道を歩みたいのなら、絶対に販売してはいけません。

≪薬ならほとんどのものがアウト≫

販売すると犯罪となる薬について、その定義は非常に幅広いものとなっています。
病院で処方された薬を販売するのは当然アウトです。かつては精神の不安を抑える薬「デパス」や、中毒性の高さから処方が禁じられた発達障害やうつ病の薬「リタリン」などがネットオークションや通販などにおいて高値で取引されていました。販売業者の儲けは相当なものだったようですが、これらの販売も犯罪行為です。
目薬や風邪薬など、薬局で普通に購入できる商品もアウトです。簡単に購入できて気軽に使えるせいか勘違いしてしまいがちですが、薬局で容易に購入できる薬もれっきとした薬です。薬事法は素人によるこれらの販売も禁止していますので、販売すれば犯罪者となります。
ちなみに生活保護受給者による薬の転売が多発したため、病院の処方薬にはバーコードがつけられています。このコードを読み取れば、誰がいつ処方されたものなのかが簡単に分かるようになっており、販売すれば容易にバレてしまいます。
現在はオークションサイトや掲示板などで薬の販売を示唆しただけで警察の担当部署が動くケースも少なくありません。

≪そもそもなぜ薬を売ってはいけないのか?≫

なぜそこまで薬の販売を厳重に取り締まるのかと言うと、単純に危険だからです。多くの薬は何らかの副作用や、合わせて飲んではいけない薬、また「体調がこういった時は飲んではいけない」など使用上の注意が決められています。
資格を持っていない素人がそういった知識を持たずに販売してしまうと、買った方が健康被害にあってしまう危険が高くなるのです。薬の知識がないことによる健康被害を防ぐため、販売が厳重に管理されることとなりました。

≪バイアグラや精力サプリなども注意≫

バイアグラは薬事法の管轄内にある薬物ですので、販売すれば当然アウトです。
そもそもバイアグラは効果こそしっかりとしてはいますが、やや強めの副作用を伴うため慎重に取り扱わなければならない薬品です。無責任に販売してはいけませんし、手に入れたい方も病院で診察を受け、適切な判断の下使用するべきでしょう。幸いにして、黎明期よりもバイアグラの価格は落ち着いてきています。
バイアグラでなくても、精力増強サプリメントなどを販売する際にも注意が必要です。海外からの輸入品や、または悪質な商品などにはバイアグラなどの成分が含まれている可能性があります。そういった商品を販売してしまえば、薬事法に触れることとなります。たとえ知らなかったとしても、健康被害を与えかねない販売の仕方をしたのは厳然たる事実です。
そういったジャンルのものを取り扱うなら、成分表記などがしっかりしていて薬に分類されない、本当に信用できるものだけを取り扱いましょう。