危険なものじゃないのに逮捕の可能性も?

オークションで効率よく稼ぐには、人気や需要のある商品を安く仕入れて転売するのが一番手っ取り早い方法です。ただし、仕入れ価格が安くても販売できないもの、してはいけないものがあります。

思いがけずお得な仕入れ価格になっているものでも、出品したら違反のために削除された、なんてことになったら大損です。麻薬や銃はだめ、ということは分かっていても、それ以外ならなんでも売って良いということはないのです。

せっかく仕入れた商品をムダにしないためにも、今一度仕入れてはいけない商品をきちんと把握しておきましょう。

販売資格が必要な商品

海外の珍しいブランドのタバコ、地方で限定販売されているお酒などは、出品すると高値がつくことでよく知られているので、機会があったら仕入れておこうと思っている方も多いのではないでしょうか。

タバコやお酒は確実に需要があるので、一番手堅い商品です。
ただし、誰でも販売出来るというものではなく、これらの商品を販売するには免許を持っていなくてはいけません。これは店舗販売に準ずるルールで、例えばコンビニでも販売免許を持たない場合には商品を売ることが出来ないのと同じことです。

また、ヤフーオークションや楽天フリマなどでは、販売免許があったとしてもタバコは売ることが出来ないので、仕入れてもさばけません。

ちなみに、医薬品に関しても日本で承認されていないものは基本的に禁止です。海外では健康食品の部類に入っていても、国内で医薬品に使われる成分が含まれているものは医薬品となるので、ダイエットや美容関連のサプリメントなどでも違反となるので注意してください。

自己判断で購入すると損をする商品とは!

カテゴリーの中でももっとも人気が高い衣類とベビー用品。 これらの商品は新品ならほぼ売れ残ることはないので、仕入れられるなら商品として効率よく稼ぐことが出来るでしょう。

しかし、そんなカテゴリーでもベビー用品は新品でも口に入れるものは売れません。メーカーサイドでは、ちょっとクレームが出ただけで大赤字になることあるため、赤ちゃんが使うものの安全性にはかなり気を配っています。 ですから、例えば新品でまったく使っていないおしゃぶりでも販売が出来ないのです。

ただし、こういった商品の売買禁止はオークション運営サイドで決めていることではなく、出品をするとメーカーから連絡が来ます。転売してはいけない、ということは説明書に記載されているので、まずはきちんと商品に関する禁止事項を確認しておいてください。

赤ちゃんのものはどんなものでも人気があるので魅力的ですが、売れなければただのゴミになってしまうので、自己判断で購入するのは止めておきましょう。

知らないうちにダフ屋になってしまうことも…

アーティストのコンサートやお笑いライブ、演劇などのチケット系は、原則として違法でもなく、販売禁止というわけではありません。
しかし事務所側で転売は禁止、となっている公演だと、当然ですが販売はできませんし、知らないでやってしまったとしても、ダフ屋行為になってしまうので注意してください。

よく知られていることですが、まずジャニーズ系のコンサートチケットは転売禁止ですし、首尾よく売れたとしても、入場の際、会員証と免許証による身元確認とチケットの名前を照らし合わせるので、落札者とのちのちトラブルになる可能性が高いです。

他にも矢沢永吉などのライブチケットも転売することは禁止されているので、事務所側でオークションに出回ったチケットの座席は無効になってしまいます。

コンサートやライブは都合が悪くなることもありますから、人気のものだと売りたくなってしまいますが、高値で販売できても後で揉めるようなことになったら大変なので止めておいた方が無難と言えます。

お酒やおしゃぶり、人気のチケットなど、危険なものでなくても、売ってはいけないもの、販売条件などいろいろと制約があります。
オークションを利用するなら、安易に仕入れをしないように、まずは販売できるものの知識をしっかり詰め込んでおくことも大切なことなのです。