Amazonで「せどり」を成功させよう!

出品する際に、「この商品は出品しても大丈夫なのかな??」と思うことはありませんか??他の出品者が出品している実績があるのを確認してから出品するのであれば問題ありませんが、グレーな商品もありますので注意が必要です。 代表的な禁止されている商品をまとめてみました。(主にヤフオク内)
オークションサイトごとに、若干違う場合もあります。また、禁止の商品が追加される場合もありますので、確かな情報は、各サイトで調べてみましょう。

※ここでの情報を元に起きたトラブルに関しては、一切責任を負いかねます。予めご了承ください。

犯罪に使われる恐れがある、武器になりうる商品

どのオークションサイトでも共通しているのが、犯罪に関連する商品です。麻薬やモデルガンなどはもちろんのこと、スタンガンや催涙スプレー、特殊警棒などの護身用品も、この部類に入ります。 ちなみに、オークションだけでなく、レンタルネットショップなどでもこれらの商品の掲載や販売は禁止されているので、十分な注意が必要です。

アダルト関連は品による

アダルトの商品は基本、中古品は禁止されています。バイブやローターなどのアダルトグッズは新品のみOKです。ただし、これらの商品は、アダルトカテゴリーのみでの出品になりますので、他のカテゴリーに出品してしまうと、最悪アカウント削除になる可能性もあります。 なお、例え新品でもバイアグラなどの処方箋が必要な医薬品は、当然通信販売はできません。ご自分で購入される場合でも、ネット上で輸入品だからと格安の値段で販売している所はほぼ偽物ですので避け、専門のクリニックで処方してもらうようにしましょう。

衣服でも下着は…

同じ衣服でも下着は、原則使用済みのものは禁止されています。靴下も同様の場合があります。見極めが難しい商品でもありますので、出品はしない方がよいでしょう。

法律で禁止されている商品

当たり前のことかもしれませんが、法律に引っかかる様な商品はダメです。偽造のもの、盗品、コピー品や加工品、著作権に関連するものは完全に禁止ですので、絶対にやめておきましょう。

グレーなものや疑問に思うものは仕入れない

いくら儲かる商品や利益の出る商品でも、怪しいと思うもの、疑問に思うものは仕入れないようにしましょう。出品1品目で、アカウントが削除された事例などもあります。

無駄なものを仕入れずに、合法のもので確実に稼いでいきませんか??